もしチャイルドシートをつけたままの自動車を処分しようと思っ

個人レベルでどれだけ頑張ろうと、車の扱いに長けた査定士からすると車の修理歴、ましてや事故歴などは隠しきれるものではないです。偽ってまで値段をつけさせるという考え自体、信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。Read More →

複数の買取業者に査定してもらい、高値で売

買い取りの専門業者を使って車査定をするなら、一番気を付けたいのは、客を騙す意図を持っている悪徳業者に引っかからないことです。
色々な理由をつけて、最初に決めた買い取り価格をどんどん安くしていったり、契約内容を明記した書類を作ることを拒む、催促するまで入金してこなかった、等々さまざまなケースがネットに上げられています。Read More →

愛車を買い取ってもらいたいという時、車買取業者

父が14年ほど乗ったワゴン車を買い替えすることになりました。顔見知りの車買取業者に、車を見ていただくと、年数もずいぶん経っているし、劣化も激しいとのことで、廃車を薦められてしまい、買い取りをしてはもらえませんでした。Read More →

スリップサインが見え始めたような使い込まれたタイヤでも

中古車というのは需要によって値段が上下するのが常ですから、査定時に提示された見積額には当然ながら有効期限があるものです。


ただ、期限はケースバイケースで変わってくるため、見積りを出してくれた担当者に有効期限をしっかり確認することが不可欠です。Read More →

溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても

走行距離が10万キロを超えている中古車は、業者に査定してもらっても値段がつかないことが多いと思います。

とはいえ、タイヤを変えてからまだ日が経っていなかったり、車検がまだ半年以上残っているような場合など、なにかしらの値打ちがある車両であれば値段がつく事もありますから、初めからあきらめる必要は無いのです。Read More →